ほうれい線 防ぐ

【※やった人から消えていく】@ほうれい線を防ぐ13の方法

 

ほうれい線 防ぐ方法 ほうれい線に悩む女性 

老け顔にみえちゃう顔の悩み第1位「ほうれい線」!

ほうれい線を改善すると10歳若返ることだって可能です。

 

そこで「ほうれい線を防ぐ13の方法」がありますので
見ていきましょう。
すこし

 

「”今すぐ8分でほうれい線を薄くしたいという方限定”」

 

筆者愛用のオススメ美顔器

レビューはこちら
この記事の内容

この記事はこんな方にお勧めです。
1. これ以上ほうれい線を深くしたくない
2. ほうれい線を消す方法を知りたい

3. 短期間でほうれい線を消したい

 

深く刻むほうれい線を防ぐ 『13の方法』と『対策』

 

1.紫外線から身を守る

ほうれい線 防ぐ方法 紫外線を防ぐ
防ぐ方法:
紫外線を浴びる時はPA++++表記の物を選び、サングラスや衣類できちんとUVケアをする

NG行動:外出時UVケアをしない(紫外線による肌の劣化)
紫外線を浴びると真皮のコラーゲンの劣化、減少につながり、
真皮が衰えるとたるみの原因になります。
ほうれい線の原因はズバリ皮膚の衰えと表情筋の「たるみ」。
紫外線を浴びたりコラーゲンやエラスチンが減ってしまうと
肌の弾力やハリが失われ皮膚が衰えて、たるみの原因となり
ブルドッグ肌となってしまうのです。
「紫外線を浴びる」と真皮が衰える原因となってしまいます。

 

 

2.湯上がりはダッシュで保湿!

ほうれい線 防ぐ方法 保湿
防ぐ方法:コラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸など保湿成分の配合された化粧水を使う
オススメはスプレー容器に化粧水を入れておき、脱衣所に常備。すぐ顔に吹きかける!

 

 

 

NG行動:湯上がりにすぐ保湿しない(乾燥肌がたるみ・ほうれい線の原因)
実はお風呂上がりが一番乾燥しやすく、乾燥がたるみやほうれい線の原因となります
乾燥したままにしているとコラーゲンやエラスチンが変形してたるみの原因となります。
特にハリを与えるのがプラセンタです。
お風呂上がりはお肌に浸透しやすいのでコラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸が
たっぷり入ったフェイスパックをするのがオススメです。

 

年齢を重ねていきますと、水分量も減少していきお肌が、下がってしまいます。
このお肌の水分低下が、ハリの低下やたるみを生み出します。

 

3.猫背にならないよう工夫する!

ほうれい線 防ぐ方法 姿勢を正す 猫背の女性
防ぐ方法:長時間デスクワークをするときは、クッションを背中と椅子の間に挟むだけで、正しい姿勢に戻る

 NG行動:うつむきがちな猫背姿勢が多い(頬肉のたるみ)
下を向く習慣があるとほほ肉が重力で下がり、たるみの原因となります。
そして、ほうれい線が目立つようになります。
あごを少しあげて 姿勢をまっすぐ正しくするだけで少し
ほうれい線が目立たなくなりませんか?
鏡で確認してみましょう!

 

食事や、パソコン、スマホ、読書などの作業時間はできるだけ顔を正面に維持する習慣をつけましょう。

 

 

4.皮膚のたるみの原因となるので、毎日ポニーテールはやめる

ほうれい線 防ぐ方法 ポニーテールをやめる
防ぐ方法:同じ髪型をやめる。ゆるめの一つ結びならセーフ!

 

NG行動:毎日ポニーテールにする(頭皮のたるみ)
引っ張られた頭皮の状態が続くと、たるみ・ほうれい線の原因になってしまいます。
結ってるときは一時的に顔の皮膚が引っ張られて若見えしますが、
これが続くと顔のたるみとなりほうれい線が深くなってしまいます。

 

 

5.同じ表情ばかりをしないように気をつける!

ほうれい線 防ぐ方法 無表情をやめる
防ぐ方法:ずっと口角を上げて笑顔を作っている人は、唇を前に突き出すような表情をしたりして、口輪筋の運動をする。
柔らかい食べ物ばかり食べるのではなく、硬い歯ごたえのあるものを食べたりすることで口周りを鍛える

 

NG行動:いつも同じ表情でいる(表情筋の衰え)
ほうれい線と密接に関わっている表情筋は「口輪筋」(こうりんきん)という口の周りの筋肉です。
長年、笑ったり、無表情など・・・同じような表情筋の形を作っていると、皮膚にもその影響が出てきます。
長時間のパソコン作業など普段から無表情が多い方は表情筋の衰えにより皮膚が「たるむ」とほうれい線が目立ってきてしまいます。

 

 

 

6.目の疲れをためないようにする!


ほうれい線 防ぐ方法 目の疲れをためない
防ぐ方法:目玉を大きく「くるくる」とまわし目のコリをほぐす。
長時間作業するときは30分に1回は休憩をとって、2〜3回クルクル体操をする。

 NG行動:パソコン、読書、スマホ等で目の疲れがひどい(血行悪化)
実は目の疲労もほうれい線の原因になります。
目の疲れからくる肩こりで老廃物が溜まり、
血流が悪化すると、その影響で顔色が優れなかったり、むくんだりすると「ほうれい線」が目立ったりします。
また、目の下のたるみの原因にもなります。

7.親のほうれい線がスゴイ人!


ほうれい線がすごい親 ほうれい線防ぐ                                        私の母です
防ぐ方法:
1.保湿、紫外線対策をしっかりと行う
2.ほうれい線の表情トレーニングをする
NG行動:諦めてほうれい線対策を何もしない
あまり知られていない話ですが、骨格も関係しています。
親のほうれい線が深く刻まれていて、親と骨格が似ている方は
早くから対策を取っておくことで予防することが出来ます。
また、目鼻立ちがはっきりした人・鼻筋が通っている人は、顔の動きにより皮膚が激しく動くため、シワができやすく、ほうれい線も若いうちからできやすい特徴があります。
既にほうれい線が深く刻まれているという場合は、カルシウムをとり骨を丈夫に保つ子とが改善できる方法です。
もう手遅れと思わずに今、できる事でいいので一つでも始めてみましょう。

8.良く噛んで食べる


ほうれい線 防ぐ方法 咀嚼回数が少ない画像
防ぐ方法:1口につき30〜40回、を目標に噛む!

NG行動:早食いであまり噛まずに飲む(表情筋の衰え)
食事中の嚼回数が少ない人ほどお顔の筋肉はたるんできます
ほうれい線部分は頬に厚い脂肪があるため、重力で下がり目立ちやすいところです。
※噛み応ごたえのある食材をわざと大きいサイズで食べるのもオススメです。
※野菜・海藻類・キノコ類・筋の多い硬い肉・するめは、噛みごたえがあるのでオススメです。
食事中口の中にある食べ物を水で流し込まずに良く噛んで食べるのもポイントです。
咀嚼回数を増やすと、顔の筋肉を鍛えるだけではなく、少ない食事で満腹になるというメリットもあるので、ダイエット効果も期待できます。

9.短期間での急激な体重「増減」を避ける!


ほうれい線 防ぐ方法 体重の急増を避ける
防ぐ方法:体重維持をする
NG行動:太ったり、やせたりを繰り返す(皮下脂肪の劣化につながる)
ダイエットで「体重が減った!」はメチャうれしいようで「ほうれい線」にはNG。
長期間、太って伸びきった皮膚は、皮下脂肪が減ると皮膚だけがたるんでしまいます。(゜Д゜)
できるだけ体重は安定した方が「ほうれい線」にはGOOD!
でもどうしてもダイエットが必要なら、栄養不足に注意しましょう!
栄養不足が続くと表情筋の力が落ちてしまいます
これでは頬の肉がタルんで「ほうれい線」が深く刻まれてしまうかも。
そうならないために「肉・野菜」をしっかり食べましょう。
また、美肌の素となる「コラーゲンやビタミンC」をしっかりと補給しましょう。
ほうれい線が深くなってきた場合は表情筋を鍛える筋トレを合わせて行うと更に良いでしょう。

ダイエットをするときの注意点


  • 肉や野菜はしっかり食べる

  • コラーゲン、ビタミンCをしっかり補給する

  • 表情筋を鍛える「筋トレ」をする



10.出来るかぎりストレスをためない!


ほうれい線 防ぐ方法 ストレスをためない
(ストレスが溜まるのは仕方ない事です。)
防ぐ方法:食事と保湿・紫外線予防には気を配るようにすること。

NG行動:ストレスがたまり、食事やスキンケアまで余裕がない(血行不良)
ストレスがたまると血液の流れが悪くなり、老廃物が溜まる体質になりほうれい線ができてしまいます。
でも日々忙しい女性にとってストレスをなくす事って難しいですよね。
ですから、食事や保湿、紫外線対策だけは気を向けるようにして下さい。

11.栄養不足にならないようにする。


ほうれい線 防ぐ方法 栄養不足にならないように
防ぐ方法:忙しくて取れないという方は手軽なサプリメントから不足分を補給する。

NG行動:コンビニや外食が続く(栄養不足による肌や骨の劣化)
顔の骨が萎縮するとたるんで、ほうれい線が深くなる原因となります。
丈夫な骨を維持するためにカルシウムやビタミンDを沢山取るようにしましょう。
骨の材料となるタンパク質も多めに取るようにしましょう。
野菜にはたくさんのビタミン群が含まれていますが、その中でもビタミンAやビタミンCはコラーゲン生成を助ける働きがあります。
コラーゲンが生成されるとお肌のハリや潤いにつながり、ほうれい線の解消へもつながってきます。
ビタミンB群やビタミンEもお肌のターンオーバーを促すので積極的にとりたいもの。

12.質の良い睡眠をとる!


睡眠不足 ほうれい線防ぐ
防ぐ方法:できれば夜11時のシンデレラタイムに眠る事ができれば最高です♪

NG行動:睡眠不足や質の悪い睡眠がつづく(肌の劣化につながる)
睡眠不足はほうれい線の大敵!
睡眠不足や睡眠の質が悪い日が続くと成長ホルモンがあまり分泌されないため、
お肌のターンオーバーが乱れたり、皮膚のバリア機能が低下する事がわかっています。
そうなると・・・肌荒れや乾燥肌、真皮の栄養不足にもなり「ほうれい線」の原因となってしまいます。
筆者は寝不足なときにほうれい線がさらに深くなります。

13.甘い物や炭水化物はできるだけ控える!


ほうれい線 防ぐ方法 甘い物ばかり食べない
防ぐ方法:
1.食事の順番に気をつけ血糖値を上げないようにする
 (白いご飯の前に、野菜やキノコ類、たんぱく質を含む肉・魚類を先に食べる)
2.有酸素運動をする
3.甘い飲料水や炭水化物を多く取らないようにする
NG行動:間食に甘い物をよく食べる(肌の糖化が進む)
ほうれい線やたるみの原因の一つに肌の“糖化”という現象がある事が最近の研究でわかっています。
糖化は「体のコゲ」と呼ばれていて、普段の食事から取りすぎてしまった
糖質が体内のたんぱく質などと結びついて、肌を劣化させる現象です。
糖化を予防するには食事と運動が大切。
ウォーキングやコンビニを一つ遠くまで歩くなどできる範囲でいいので行いましょう。

いかがでしたでしょうか?
ほうれい線を改善するには、まずは生活習慣の見なおしをして、
たるみの原因となる「皮膚」・「表情筋」・「骨」の衰えを防ぐ事がポイントです。

もっとほうれい線にアプローチできる顔体操


ほうれい線を少しでも薄くできるオススメの動画をご紹介します。

【顔ヨガ】サラバほうれい線!若返りリフトアップ


動画でほうれい線するときの注意点!!!


動画をみてほうれい線ケアをするときは「そのとおり」忠実に行って下さい。
間違ったやり方は逆にほうれい線を深くしてしまうことがあります。
うる覚えでやるのはホントに危険です。
皮膚を伸ばしたら、肌のハリや弾力を取り戻すスキンケアをしないと、
皮膚がたるんでどんどんほうれい線が深くなるという痛い結果になるからちょっと厄介なんです。

すぐにほうれい線を消すなら美顔器がオススメ!


手軽にほうれい線対策をしたいなら、家庭用美顔器がおすすめです!
使った日からほうれい線をけせるマル秘情報を教えましょう。
それは、「ニューワリフト」という自宅用美顔器をつかう方法!
わたしの場合は1回の使用でほうれい線が薄くなりました。
やっぱ値段が高いだけあって効果もてきめんです。
これは、ホントにホントに出会って良かった救世主、神です。涙
ニューワリフトは美雑誌VOCEのサイトでも紹介されています。

ニューワリフトよりも効果が現れるのは遅いけど、
エステナードソニックローズ」という美顔器はお手頃値段でオススメです。
ほうれい線にもよかったけど、下たるみにもすごくよかった。
たれ下がったブルドックが1ヶ月でリフトアップしました。
「無料で1ヶ月おためし」できるので、試さなきゃ損です!
筆者レビューはコチラ

内側から筋肉を鍛えたる「エステナードリフティ」は、ライザップとコラボした筋肉をきたえる美顔器。
エステナードリフティもタルミ、ほうれい線に効きます。
顔の筋肉を鍛えて内側からリフトアップするから持続が期待できる。
こちらも「無料で1ヶ月おためし」できます!
筆者レビューはコチラ

ほうれい線を防ぐ生活習慣は日々の積み重ねです。

あくまでほうれい線を防ぐ方法ですので、今ほうれい線があまり目立たない人なら
今あるほうれい線を改善することは難しいです
ほうれい線は単なるシワではなく、皮膚、肌の内部、骨、の衰えから現れれる「溝」です。
ほうれい線を消したいなら美顔器を使用するか、美容整形にいくかのどちらかのケアが一番の近道です。
でも美容整形にいくのはちょっと・・・という方は、
無料お試しができる美顔器を1ヶ月つかってみて
ご自分に効果があるのかぜおためし下さい。
なやんでいるなら、今からお試ししてみると1ヶ月後が楽しみになりますよ・・・